HOME > おトクでオイシイはなし > 今日は、これを創ってみるず♪

2月のレシピ♪「まめひなさま♪」今日は、これを創ってみるず♪

まめひなさまのレシピ

材料

(4体分)
  • まめのりさん®:お好みの色4枚
  • 米:2合
  • 水:1・3/4カップ
  • 寿司酢:大さじ4~5
  • 鮭フレーク:50g
  • はんぺん:1枚
  • 黒ゴマ:少々
  • 食紅(赤):少々
  • にんじん:適宜
  • きゅうり:適宜
  • かまぼこ(赤)
  • 【うす焼き卵】
  • 卵:5個
  • 砂糖:大さじ2
  • 塩:小さじ1/4
  • つまようじ:4本
  • 飾りようじ:1
  • 1米は炊く30分前に洗い、ザルにあげて水けを切っておく。分量の水を加えて普通に炊く。炊き上がったらボウルにあけ、寿司酢を回しかけ、しゃもじで切るように手早く混ぜ、鮭フレークを加えて全体によく混ぜる。
  • 2150gずつ分け、ラップの上におき、おにぎりを握るようにお雛様の胴体になる部分を細めの三角錐のようなイメージで、すわりが良いように形作る。
  • 3まめのりさんはケーキの底(18cm)などを使って丸く形を切り出しておく。
  • 4薄焼き卵は材料をよく混ぜ、できれば一度こし、26cmのフライパンで4枚焼く。まめのりさんと同じようにケーキの底を使って丸く形を切り出しておく。
  • 5はんぺんは市販のお弁当の型を使って、楕円に型抜く。
  • 6にんじんは女雛の冠に使うので、輪切りに切り、固めに茹でて冠の形に切る。赤いかまぼこは薄切りに切り、扇子の形に切る。
  • 7きゅうりは男雛の笏(しゃく)の形に切り、頭の上の冠の纓(えい)は飾り付きのようじを使う。
  • 【男雛と女雛を作る】

    8薄焼き卵の一部を3cmほど内側に折り、②に着物を巻き付けるように巻く。その上に同じように上部を折り返したまめのりさんを上から巻き、中心部分をようじで仮止めする。
  • 9はんぺんを胴体に刺す。目は黒ゴマでつけ、頬は食紅を水で溶き、綿棒などでつける。
  • 10扇子やしゃく、冠をそれぞれに飾る。

今日は、これを創ってみるず♪トップへ

このページのトップへ