職種紹介

イメージ

事務系(営業)

営業として、市場の最前線で
「おいしい」のニーズをカタチにする。

家庭用販売部
家庭で使われる各種オイルやマーガリンを扱い、スーパーなど小売店のバイヤーや卸と協力しながら、製品の売上げ向上と小売店の成長を目指し、さまざまな施策を展開します。流行への感度と、どれだけお客様目線になれるかがポイントです。
業務用販売部
ホテル、さまざまな飲食店、弁当店、スーパーのお惣菜売場など、外食、中食すべてが対象となります。共通しているのは相手が料理のプロであること。それぞれのお店のニーズを把握しながら、最適な製品を提案します。ときにはそのお店の専用油をつくることも。
ソリューション営業
エリアごとではなく、お客様となる企業を担当します。お客様のニーズを聞き、課題を抽出。その解決策をJ-オイルミルズ社内の様々な部署と連携しながら提案し、実行していきます。お客様のビジネスのスピードについていく行動力と社内のメンバーを巻き込んでいく人間力・総合力が求められます。
イメージ

事務系(管理)

時には会社が進む方向を示す灯台として、
そして時には潤滑油となり、
あらゆる部署や業務にかかわる

人事
社員それぞれが持てる力を最大限発揮できる環境づくりや適切な人員配置などを行います。
調達
全製品の原料を国内外とやりとりしながら調達します。原料到着が滞ると生産に支障が生じるため、大きな責任を担っています
経理
資金調達、営業支払いをはじめ、会社にまつわるお金のすべてにかかわります。数字だけでなく、社内のあらゆる部署、あらゆる人と関わり、経営面でも重要な役割を果たしています。
マーケティング
ひとつの製品を生み出し、世の中に送り出すまでのすべてのプロセスに関わります。事業計画立案から製品のコンセプト立て、開発、生産、販売、広告戦略までに携わり、製品づくりのプロデューサー役をつとめます。
イメージ

技術系

生産現場を守り、進化させ、
おいしく安心な製品を日本中に届ける

工務(エンジニア)
製造機械をはじめとする様々な機械の設計図を作成し、日々のメンテナンス作業も行います。簡単なメンテナンスであればエンジニア自らが手掛け、より大規模な作業であれば外部の会社と協力して実行します。
製造職
化学反応や熱など複雑な要素を調整することで、製造工程全体をコントロールします。機械の数値ではわからない製品の違いは自らの舌でチェック。そのため月に一度は全員でティスティングを行い、基準値を調整します。
品質管理
最終製品を科学的手法で厳密にチェックします。異常値が出たときは製造工程に立ち戻り、調整を行います。新製品の製造のため新しい機械を導入した際は、オブザーバーの役目をつとめることも。分析能力や注意力が求められます。
イメージ

研究系

長年培ってきた膨大な知見と、卓越した
技術で次世代の高付加価値製品を実現する。

基礎研究(イノベーション開発部)
油を長持ちさせるための成分を見つけるなど、油の本質的な機能を創り出します。「食品のおいしさ」「健康」「高機能素材」などの課題に取り組み、新規技術や素材の研究開発を行っています。
製品開発(フードデザインセンター)
基礎研究で培われた知見とお客様のニーズを組み合わせ、様々な要素を俯瞰的に見ることで新たな価値をもった製品を生み出します。
アプリケーション開発
営業が引き出したお客様企業のニーズを元に、J-オイルミルズが持つ素材や技術を掛け合わせることで、新製品開発をバックアップします。