人事部長メッセージ

Joy for Life

生きるをおいしく、うれしくしたい。

これは、私たちが2017年に策定した企業理念(Vision)です。
根底となる「私たちの価値(Value)」には行動指針/規範である探求心・挑戦心・創造力・真摯・共生・ラブアブラといったキーワードが並び、“あぶらを究め、心を動かす『おいしさデザイン』”と謳われた「私たちの使命(Mission)」がその上に位置する形で、理念全体像を表すJoy for Lifeを構成しています。

OUR VISION

変化の時に突入した、J-オイルミルズ。

私たちは、新たな進化のステージに立っています。

先行きの人口減少見通し、そして働き方改革。
皆さんが社会に出て仕事を覚え、独り立ちを果たすくらいの頃には、高度成長期以来日本企業が踏襲してきた「働き方」「組織のありよう」「事業運営のあり方」のセオリーのようなものは、大きく変化してしまう、と考えておいた方が良いでしょう。

その動向と歩調を合わせるかのように、私たちJ-オイルミルズも、2004年の3社統合以来となる、変革のタイミングを迎えつつあります。
まず、統合による企業規模の拡大なども影響し、「隣の部署が何をしているかわからない」という声に象徴されるコミュニケーション不足の状態を、本格的に改革しています。
ジョブローテーションの実施、社内公募制度の運用などで交流を加速させ、これまで発揮できていなかった新しいシナジーや潜在力を引き出していきます。

OUR VISION

海外進出を加速、新規事業の検討。

新たなステージでの成功も、社内の改革も、カギを握るのは若い人たちと考えています。

また、社内のコミュニケーション改革、人材交流によるシナジーの追求など社内の改革だけではなく、社外に向けたアグレッシブな改革も、同時に進めています。
具体的には、社外人財も招いて本格的に進めていく新規事業の検討と企画・実現への試み、そしてアジアを足掛かりにしつつ広く世界を目指していく海外市場への進出など、事業的に新たなステージへのステップアップも、本格的に動き始めています。
部署間を越えたコミュニケーションの促進、そして新規事業の確立、新市場である海外への進出。どれを取っても、無限の可能性を秘め、恐れることの何もない若い世代の皆さんが、その実現に大きな寄与をするであろうことは、自明のこととは思えませんか。
もちろん、経験の少ない皆さんに、すべてを委ねるだけではなく、多様な働き方の整備、外部のプログラムを含めた研修の再充実を図るなど、仕組みも整えていきますし、ベテランや中途入社のスペシャリストが、あなたの冒険をフォローし、バックアップしていきます。

OUR VISION

無限の可能性を秘めた「あぶら」。
あぶらを基盤としながら、
当社は新たな局面を迎えようとしています。

主力商品である「あぶら」は、未だ解明されていないことも多く、技術の進歩と共に新たな価値が発見されているような状態です。食用以外の用途にも幅広く活用されていくポテンシャルを持っていると信じています。
第一義に、私たちが「あぶら」を通じて目指していくのは、理念である「Joy for Life」が表現しているような、おいしさの追求や、そのことにより人生の楽しさやうれしさをすべてのお客様に提供していくことです。そこを強固な基盤としながら、新規事業の開発や海外への進出、まだ解明されていない「あぶら」の可能性を追い求めていくことが、これから私たちが目指していくものになるのです。

これまでの歴史で、強固な基盤を作ってきた会社が、変化・進化を求めて動き始め、変わり始めている。これが、皆さんが入社するタイミングでJ-オイルミルズが迎える、歴史の節目なのです。そのような環境で、思う存分チャレンジしていただけることを、期待しています。

MESSAGE

「これをやりたい」という想いを持った方。
そんな仲間と、新たな歴史を創っていきたい。

当社の社員たちは、部署毎に多少雰囲気の違いはあるものの、総じて真面目で自律的な人財が集まっており、他社からもそうしたキャラクターが「J-オイルミルズの人」として認知されている、と思います。そうした美点は、今後も大事にしながらも、今後は変わりゆく働き方や価値観を踏まえ、自分の意志を持ち、やりたいことにまい進できるような少し「とがった」人財も、積極的にお迎えしたいと考えています。食、あるいは「あぶら」という基軸は今後もあり続けますが、従来の発想から外れたアイディアも、新商品や新規事業の開発においては必要になってくるだろう、と考えています。

専門性や知識などは、入社後でもなんとかなります。「こんな人になりたい」「こんなことをしたい」という熱い想いを持って、まずは当社の門を叩いてほしいと思っています。

エントリー