メインカット
INTERVIEW

学んだ知識を随所で活かして、生産環境の改善に広く取り組む。
業界の手本となるような取り組みにチャレンジしたい。

HIKARU MINAGAWA

皆川 光

油脂事業本部
生産統括部
千葉工場 工務課

2017年入社
理工学研究科
物質化学工学専攻 修士了

工場の生産環境の改善に幅広く取り組む。

専攻が化学工学でしたので、周囲の学生は化学品・医療・自動車などのメーカーに目を向ける人が多かったのですが、私は担当教官から「食品メーカーの製造工程にも化学的なプロセスがある」と聞いていたので、食品メーカーにも興味を持っていました。中でも植物油は日々の食生活に欠かせないものであり、製造には化学的なプロセスが多く、学生の頃に学んだことを活かせることを知り、油脂メーカーに惹かれました。

J-オイルミルズは若い頃から責任の大きい仕事を任される機会が多いこと、また選考で出会った社員の方々の雰囲気に好感を覚えたことから、入社を決意しました。

入社以来、千葉工場の工務担当を務めています。工務の仕事とは、広く生産を行う「環境」の保全や改良を検討する役割であり、工場の生産設備のメンテナンスや設備の入れ替えの検討や実施、そして建屋や工場内道路の改修など、実際に担当する案件は多岐に渡ります。

工務担当の業務分担は、生産工程単位となっており、現在私は大豆や菜種から植物油を製造する工程や、製品油を出荷する工程の生産設備を主に担当しています。

社員カット

若手の意見も尊重される職場。想像以上に広い仕事の範囲。

工務の仕事では、自分が学んできた熱工学・流体力学など学生時代の知識が活きる場面が存分にあります。また自分が提案した改善内容がプロジェクト化されて大幅なコスト削減の目途が立ってくるなど、選考段階で感じていた「責任の大きい、規模の大きな仕事に取り組める」魅力を実感しています。若手である自分の意見も受け入れてもらえ、工場内でどんどん反映されていくのが嬉しいです。もちろん上長や関係部署の了承を得る必要はありますが、既存のやり方に縛られず自分が良いと感じたものを提案しやすく、受け入れてもらいやすい環境や雰囲気があると思います。その結果として、設備故障が減少したり、工場の生産性向上に繋がったりすることを実感できたときに、やりがいを感じます。

工務職として担当できる範囲が想像より広かったこともやりがいにつながっています。生産設備の修繕・機械の更新・新しい設備投資はもちろんですが、生産設備に限らず、建物や道路舗装関係の工事など幅広い案件に携わらせてもらっています。様々な経験を通して社内のコミュニケーションの輪や工務としての視野も広がりますし、多くの場面で必要とされている実感を持って働けています。

社員カット

自社にとどまらず、業界の手本となるような仕事に取り組みたい。

業務用油脂の主力製品である長持ち油、「長徳シリーズ」にて採用されているSUSTEC(サステック)という特許製法を用いた油のローリー出荷設備導入の案件が印象に残っています。

千葉工場としても新しい取り組みだったこともあり、非常に苦労が多かったのですが、それを乗り越えたことで自分に自信がつきました。出荷設備導入プロジェクトとして全社表彰も受賞した思い出深い案件です。

今後は自社だけに留まらず、業界そのもののあるべき姿を見据え、次世代の搾油工場構築に寄与するような仕事に挑戦したいと考えています。例えば工場全体の革新的な効率化・スマート化といった取り組みは、間違いなく進めていかなければならない課題だと思うので、今後社内に波及していく工場の最適化というテーマにこれまで培った知識や経験を活かして貢献することを目標にしています。

OFF TIME

趣味のカメラがつなぐ、人の輪。

去年からカメラを始めて、休日になると各地に行って街並みや風景、スナップ写真などを撮ったりしていることが多いです。最近ではSNSへの写真投稿を通じて知り合った方と、旅行に行ったり飲みに出掛けたりもしています。

人物カット

ONE DAY SUCHEDULE

6:30
起床・出勤準備
8:00
出社・メール確認
9:00
工事開始、現場確認等
12:00
昼休み、食堂で昼食
13:00
工事打合せ
14:00
仕様書、稟議書等作成
16:00
工事立ち合い、試運転等
17:30
帰宅
18:00
家事、夕食、読書、資格勉強等
23:00
就寝

※掲載の内容は取材撮影当時のものです。

OTHERS
その他の社員紹介