油や脂肪酸の種類を知る

植物油は、その原材料とともに、主成分である脂肪酸の組成にも特徴があります。

脂肪酸の種類について

脂肪酸は大きく不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸に分かれます

不飽和脂肪酸は常温では液体で、植物油を構成する脂肪酸の大半はこちらに含まれます。
動物性でも、青魚に多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は常温で液体であり、不飽和脂肪酸です。
一方、飽和脂肪酸は常温で個体のものが多く、動物性の油に多く含まれる脂肪酸ですが、植物性の油では、常温で固まるココナッツオイルなどにも含まれます。

脂肪酸について

身体への影響は脂肪酸によって異なります

不飽和脂肪酸には、体内で作れない多価不飽和脂肪酸と、体内で作ることのできる一価不飽和脂肪酸があり、これらは科学的構造の違いから、3つのオメガ系列に分けられています。
市場に多く流通している油の脂肪酸では、オメガ3系列はα-リノレン酸、オメガ6系列はリノール酸、オメガ9系列はオレイン酸となります。
もちろん、他の不飽和脂肪酸もそれぞれの系列に含まれますが、
大きくこの3つの系列とこれらの脂肪酸を覚えておくと、これからの油選びに役立ちます。

不飽和脂肪酸について

代表的な植物油の種類

植物油にはさまざまな原料が使われています

植物油は、さまざまな原料があり、その特徴によって処理方法も異なります。料理では、組み合わせる食材の味を引き立ててくれるのも油の魅力であり、大切な役割。現代では搾油技術が発達し、さまざまな原料の油が流通しています。

植物油に使用されるさまざまな原料

このページのトップへ