植物油ができるまで

食卓に届くまでに、
植物油はこのようにつくられています。

原 料

  1. 3.前処理
    前処理

    油分をとりやすくするために、原料を加熱したり、破砕・圧扁します。

次の工程へ

搾 取

原料から効率よく油を取り出します。3種類の方法があります。

  • 圧搾法
    圧搾法

    油分を多く含むなたね、べに花、ごまなどに行います。原料に圧力をかけることで、物理的に搾油します。

    圧搾だけでつくった油を「一番搾り」と呼びます。

  • 抽出法
    抽出法

    油分の比較的少ない大豆などに行います。原料を容器に入れ、これに溶剤(食品添加物)を加えると、原料中の油分が溶剤に移行します。これを連続的に行い、油脂の溶けた溶剤を蒸留装置で揮発性の溶剤と油分とに分けて、油をとります。これによって、原料残油は1%未満になります。

    脱脂粕 
    醤油や味噌、配合飼料、有機肥料などの貴重な原料として、広く活用されています。

  • 圧抽法
    (圧搾法+抽出法)

    圧搾では原料残油が10~20%あり、この残りを採油するために、抽出法を併用します。圧搾と抽出とを合わせて圧抽法と呼びます。なたねなどの油分の多い原料はこの方法で搾油します。

次の工程へ

精 製

原油には、ガム質・遊離脂肪酸・色素・有臭物質などが含まれているため、製品の使用目的に合わせてこれらを除去します。

  1. 2.脱酸
    脱酸

    原油中に含まれる遊離脂肪酸を苛性ソーダを使って石けんにし、遠心分離機によって取り除きます。この工程で微量金属や色素の一部も除去されます。

  1. 5.精密ろ過
    精密ろ過

    脱酸・脱色を終えた油に、高温・真空の状態で水蒸気を吹き込み、有臭成分を除去します。この工程での副産物がトコフェロール(ビタミンE)です。

次の工程へ

商品化

精製された植物油は、厳しい品質検査と商品テストののち、容器に充填・包装され、製品となります。

充填・包装され、製として出荷充填・包装され、製として出荷

このページのトップへ