油の保存と廃棄

賞味期限までいい状態で油を使い切るには、適切に保存することが重要です。
また、傷んで劣化した揚げ油などは、健康と環境保全の観点から、適切な処理をして廃棄しましょう。

油の保存方法

油のおいしさを保ち、長持ちさせるためには、上手な保存が大切です。

暗くて涼しいところに

油は光や熱を嫌います。直射日光や蛍光灯などの光を避け、暗くて涼しいところに保存しましょう。買い物帰りに、炎天下のクルマのなかに長時間放置したりするのも禁物です。

きっちりフタを閉める

空気も油を傷める原因です。また、栓を閉め忘れると、虫が混入したり、水分が高くなったりすることがあります。開栓後はきっちりフタを閉めましょう。

揚げものに使用した油を保存するときは、次の点に注意してください

1.調理後は鍋にそのまま置かない
揚げものをしたあと、鍋の油をそのままにしておくのは禁物です。空気や光との接触が多く、酸化が促進されます。特に鉄製の鍋を使う場合には、注意が必要です。
2.使い終わったらきれいにこす
揚げ油が完全に冷える前に油こしでろ過し、冷ましたあと、保存容器に入れます。油こし紙を使うと、細かい揚げかすもきれいに取り除くことができます。このとき、火傷には十分注意してください。汚れが少ない場合は、揚げかすが沈んだあと、上澄みだけを保存容器に移し替えてもかまいません。
3. 密封し、早めに使用する
保存容器は光をさえぎり、密封できるものを使って、暗くて涼しい場所に保存します。一度でも使った油は未使用の油に比べて傷みやすいので、なるべく早めに使い切るようにしましょう。

油の捨て方

新聞紙などにしみ込ませて捨てる

ビニール袋や牛乳パックに新聞紙やボロ布などを入れ、冷ました油をしみ込ませて、生ごみと一緒に「燃えるごみ」として捨てます。

市販の凝固剤などを利用する

油を吸わせて処理するものや凝固剤で固めるものも市販されています。これらを利用すれば、簡単に処理することができます。

廃食用油の回収を利用する

自治体によっては、使用済みの油を回収し、リサイクルなどを実施しています。お住まいの自治体に問い合わせるか公式ホームページで確認してみましょう。

油を捨てる際の注意事項

  1. ① 油は絶対に下水に流さないでください。
  2. ② 油がしみ込んだ紙・布、揚げかすなどは、高温や光にさらされると油が酸化して熱をもち、
    自然発火する恐れがあります。
  • 熱いまま捨てずに常温に冷やす。
  • 空気にふれないよう密封して捨てる。
  • ゴミ箱は必ずフタをし、直射日光が当たる場所に放置しない。

※ 賞味期限の過ぎた未開封の油は、容器ごと捨てずに、中の油と容器を分けて処理してください。自治体によって処分の方法が異なる場合があります。各自治体の定める方法に従ってください。

このページのトップへ