このページの本文に移動します

生物多様性の保全

概要

J-オイルミルズグループは、自然の恵みを活かして事業を営んできました。当社グループでは、原材料調達を始めとする様々な事業活動が生物多様性に影響を及ぼす可能性があると認識しており、自然と共生し、ネイチャーポジティブな社会の実現を目指しています。

基本的な考え方

J-オイルミルズグループは、自然の恵みを活かして事業を営んできました。当社グループでは、原材料調達を始めとする様々な事業活動が生物多様性に影響を及ぼす可能性があると認識しています。
当社グループは生物多様性に関連する関係法令等を遵守し、国際的な基準・規格等に的確に対応しています。また、「J-オイルミルズグループ環境方針」において、生態系が保全される調達に努め、生物多様性を含む自然環境の保全に貢献することを基本方針としています。今後は当社グループ外のステークホルダーと連携しながら事業活動によって生物多様性に与える影響の科学的調査を実施していきます。
今後も当社グループは自然と共生し、ネイチャーポジティブな社会の実現を目指します。

生物多様性に対する取り組み

当社は、生物多様性を保全し、自然環境の保護活動を推進していくことを目的として、日本経済団体連合会(以下経団連)自然保護協議会に2023年2月に通常会員企業として加盟しました。また、「経団連生物多様性宣言イニシアチブ」にも賛同しています。

今後は基金を通じ、様々なプロジェクトへの参加、NPO・NGOへの寄付、企業間での情報収集などの取り組みを推進していきます。