栄養摂取・管理への貢献

概要

当社は、独自の技術やあぶらの製造工程で抽出される栄養成分の活用により、栄養摂取・管理に貢献していきます。

取り組み

  • 健康を意識した製品の開発・販売

    当社ではあぶら本来の栄養価値を訴求するとともに、健康を意識した製品開発・販売を進めています。例えば、血中のLDLコレステロールを下げる特定保健用食品、JOYL「AJINOMOTO健康サララ®」や、オメガ3(n-3系脂肪酸)を豊富に含む栄養機能食品JOYL「AJINOMOTOえごま油」、JOYL「AJINOMOTOアマニ油」などを販売しています。食用油は三大栄養素の一つとしてだけでなく、脂溶性の微量成分を含め様々な健康機能が期待されています。

  • 素材や技術を通じた健康や栄養面で社会に貢献する研究開発

    骨の健康維持に欠くことが出来ない重要な成分として、納豆菌から抽出したビタミンK2を含む油脂および粉末を製品化しています。当社のビタミンK2「menattoTM」は、納豆菌から抽出した天然型で、独自の技術で特殊脱臭を行い、味や臭いに影響を与えることなく、様々な食品に利用することができます。最近では、健康志向の高まりや、高齢化を背景にアクティブシニアを含む幅広いライフステージの方々からのニーズが高まっています。
    また、油脂を活用した減塩素材の開発を進めています。「あぶらが調理を経て五味に影響する」という現象を応用した油脂製品を日本で始めて製品化しましたが、特においしさが損なわれがちな「減塩」に対して、あぶらのおいしさを活かした解決アプローチを提案しています。この他、腸内細菌を整えるレジスタントスターチ、オリーブオイルの風味成分であるポリフェノールなどの健康機能についても研究を進めています。
    「あぶら」を原点に今後も人々の健康維持に貢献していきます。