ステークホルダーとのコミュニケーション強化

概要

J-オイルミルズは、経営の信頼性を高め、企業価値を中長期的に向上させるため、ステークホルダーとのコミュニケーションを積極的に推進しています。
SDGsなどグローバルでの社会課題の解決や、ESG視点での自社戦略の構築などに関心が高まる中で、取引先、株主・投資家、地域社会、NPO・NGO法人、従業員など、様々なステークホルダーの皆様と情報を共有し、課題解決や戦略構築に協働して取り組むことを目指し、対話を進めています。コミュニケーション推進の基盤として情報開示も強化しています。2020年度、CSR・IR部をコーポレートコミュニケーション部に改称し、IR・広報・CSRが一体となった強固な情報開示を実施する体制を構築しました。IR活動においては、投資家・アナリストとの面談をはじめとして、個人投資家向けの説明会や、試食を交えたスモールミーティングを実施し、広報活動においても、自社商品や活動に関するリリースの頻度を向上させました。
またアカデミアとの共同研究や情報提供活動も進めています。2019年からは、東北大学大学院農学研究科と食用油の酸化に関する共同研究講座(J-オイルミルズ 油脂イノベーション共同研究講座)を2022年3月31日の期間で開講しています。食用油脂の酸化制御法等について解明し、油脂の新たな応用可能性を共に探索しています。こうした産学協働による社会課題の解決も今後の重要なテーマであると考えています。

主要な取り組み・目標

  • お客様、お取引先様、従業員、株主・投資家、地域社会、NPOとのパートナーシップを推進強化し、様々な課題解決に協働して取り組む
  • 16 平和と公正をすべての人に
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

取り組み

  • ステークホルダーとの対話
    ステークホルダー 主な対話手段
    お客様
    • お客様相談室
    • 公式SNSでのコミュニケーション
    • 日々の営業活動・取引によるコミュニケーション
    • ソリューション提案
    • 企業調査アンケートへの対応
    従業員
    • 従業員意識調査
    • 従業員研修
    • CDP(キャリアデベロップメントプログラム)
    • 社内報、イントラネットによるコミュニケーション
    • ヘルプライン(社内通報窓口)
    お取引先
    • 調達方針に関する説明や意見交換
    • 原料原産地における生産者との対話
    株主・投資家
    • 定期株主総会の実施
    • 決算説明会の実施
    • スモール・ラージミーティングの開催
    • 個別取材への対応、ESG関連投資家との面談
    地域社会
    • 工場が隣接する地域のボランティア(清掃活動など)
    • 地域イベントへの協賛
    • 地域活動の支援、社会貢献活動
    NPO・NGO等
    • 有識者ダイアログ
    • 定期的な意見交換など
    アカデミア
    • 共同研究
    • 寄付講座など