リスクマネジメント

リスクマネジメントの推進

J-オイルミルズは、企業が持続的に発展するため、リスクの的確な識別・評価・管理によるリスクマネジメントと、コンプライアンスの徹底を重視しています。
リスクマネジメントとコンプライアンスの更なる徹底と推進を図るため、2020年に組織体制の再編を行い、従来からあった「企業行動委員会」と「リスクマネジメント委員会」の機能をより明確にし、経営会議への指示・報告機能を有する新たな組織として「経営リスク委員会」を設置しました。

リスクマネジメント体制

リスクマネジメント体制図
(2021年9月現在)

リスクマネジメントプロセス

当社グループの事業活動に関する事業等のリスクについては、執行役員の職務分掌に基づいて各執行役員がリスクの特定・分析・評価からリスク対応、モニタリングを実施し、「経営リスク委員会」およびその傘下である「リスクマネジメント部会」、「コンプライアンス部会」が支援をしております。また、期中に発生したクライシス(リスクが顕在化したもの)については経営リスク委員会に情報を集約し、迅速な対応を図るとともに是正措置を展開し全社的な再発防止を行う体制を整えております。これらのPDCAサイクルを回し、進捗状況を定期的に報告することにより、当社を取り巻くリスクを適切に管理することに努めます。

J-オイルミルズグループの重要なリスクと対応

当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりです。
当社グループは、リスク管理の基本方針及び管理体制を「経営リスク委員会規程」において定め、これに基づき、代表取締役社長執行役員を委員長とする経営リスク委員会の指揮監督の下、当社を取り巻くリスクを適切に管理し、防止と回避に努めています。
なお、将来に関する事項は、2022年3月末現在において入手可能な情報に基づき、 当社グループが判断したものです。
詳細はリスク情報をご確認ください。

重要なリスクと対応

項目 リスク
戦略リスク 油脂・ミール製品の需要低下に対するリスク
海外進出に潜在するリスク
財務リスク 原材料調達・為替相場等に関するリスク
のれんや固定資産の減損損失に関するリスク
ハザードリスク 感染症の蔓延リスク
自然災害に関するリスク
オペレーショナルリスク 環境に関するリスク
人権に関するリスク
サステナブル課題に関するリスク
情報漏洩・サイバーセキュリティに関するリスク
食品安全に関するリスク
人的資本の確保・育成に関するリスク
コンプライアンスに関するリスク

クライシス管理とBCP

クライシスが発生した場合には、「経営リスク委員会規程」に基づき、必要に応じて対策本部等を設置し、社内外への適切な情報伝達を含め、当該危機に対して円滑かつ迅速に対応し、適切な解決を図ります。
当社グループは昨今の台風や豪雨に伴う水害等の発生頻度の高まりを受けて、大規模地震を想定して策定していた事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)の見直しを行い、大規模地震以外の災害に対する対応力についても範囲を広げさらなる向上に努めるとともに、業務提携などを通じて、安定供給を実現してまいります。