ご挨拶

J-オイルミルズの目指す姿

 当社は2017年5月、第五期中期経営計画『油を究めて幸せを創る2020』(以下、第五期中計)を策定し ました。第五期中計では、これまで培った知見やノウハウを最大限に活かし、「あぶら」が持つさまざまな価値 (調理価値、健康価値、調味価値等)を徹底的に追求し、「あぶら」の可能性を拡げていくことで人々の心を 動かすおいしさを創造する「おいしさデザイン企業」を目指すことを掲げています。

 また、第五期中計の策定と合わせて新たに企業理念「Joy for life 生きるをおいしく、うれしくしたい。」を 策定いたしました。私たちの目指すべき未来、私たちの使命、私たちの価値を明文化したもので、2004年の 統合から13年を経て、有形・無形の資産を十分に活用し、「あぶら」の専門家集団として、「あぶら」を通した おいしさの追求に加え、「あぶら」で培った技術の可能性を、食をはじめとする様々な分野へ広げ、「おいしさ デザイン企業」として、長期的・持続的な成長を目指します。また、企業価値の向上に加え、労働人口の減少 による人手不足の解決、高齢者への栄養補給、調理時間短縮等といったお客様や社会課題の解決に貢献 することで、企業の社会的使命を果たし、すべてのステークホルダーの幸せの実現を目指してまいります。

代表取締役社長執行役員

八馬 史尚